少し遅めのクリスマス〜このタイミングなら花がベスト〜

指輪を贈る際の注意点

女性が男性へ
指輪をクリスマスプレゼントで贈る場合もあります。

 

ペアリングかそうでない場合か、
双方のケースがありますが、

 

指輪の場合は服飾品の中でも特に注意が必要です。

 

彼氏は普段指輪をしている?

まず調べなければならないのは、彼氏が普段ファッションとして指輪をしているかどうかです。
もししているのであれば問題ないのですが、逆に身に付けていない場合は何か理由があるかもしれません。

 

ここで考えられる主な理由は2つ。
1つは『アレルギー』です。金属アレルギーの男性はアクセサリーをつけることができません。
「まさか自分の彼氏が」とは思いますが、実は案外いるものですよ。
金属アレルギーの方が指輪をつけると、指周りに発疹が発生し、痒みが生じます。さらに骨に沿って発疹が続き、手が赤くなってしまいます。

 

2つ目の理由は『アクセサリーが好きじゃない』ことが挙げられます。
これは実に多いですね。指輪だけではなく、ネックレスなどもすべて毛嫌いする方もいれば、ネックレスやチョーカーはしても、指輪はごつごつしていて嫌だという方もいます。
指輪は手の平を握るとすぐに感触が分かりますし、異物感がします。これを嫌う男性は多いです。

 

まずは彼氏が普段からアクセサリーを身に付けているかどうかを確認し
次に指輪が好きかどうかを調査してみましょう

 

指輪を選ぶ際のポイント

指輪のサイズを前もって男性に聞き出さなければなりませんね。
男性の場合、運動をしていると指によって太さ+が異なりますし、第二関節部分がやたらと太い方もいます。
ちゃんとしたサイズを買いたい場合は、一度アクセサリーショップで計ってもらうようにしましょう

 

また、指輪の内側に文字を刻印することができますが、こちらも多少の気は遣ってください。
例えばベタなところで言えば「I love you」などはちょっと色気がありすぎて、男性は恥ずかしいかもしれませんね。
プレゼントをした日付や一言メッセージみたいなものが喜ばれます。

 

シンプル イズ ベスト

宝石が入った指輪よりかはシルバーアクセサリーとして、シンプルな指輪が好まれるでしょう
また、デザインは控えめで、大きなシンボルがあるものはやめておきましょう。
例えばメビウス状のねじれた小さな指輪。これは男性でも気軽につけられますし、かさばらないので大抵の人は喜んでくれます。
ただし、真ん中に鉱石が入っていたりすると、途端に男性はつけたくなくなります。

 

ペアリングの場合は要注意

もし自分もペアリングを買う場合は、一度事前に彼氏側に相談した方が無難でしょう。
男性にとってペアリングは10代のうちはよくても20代になると抵抗がでてくるものです。
また、普段営業などで働くビジネスマンであれば、アクセサリー類は禁止のところが多く、許されるのは結婚指輪くらいです。その場合、普段は外さなければならないので紛失してしまったり、デート時につけわすれてしまう場合もあります。
男性にとっては「忘れずにつけておかなければならない」という強迫観念が生まれますので、
ペアリングを嫌う方もいます。
これを愛情がないと誤解しないようにしてください。